玉露(ぎょくろ)は、日本茶・緑茶の一種です。煎茶と玉露では、同じお茶の木でもその栽培方法に違いがあります。
お茶の新芽が伸び出した頃から茶葉を摘むまでの20日前後、日光を遮ります。
遮光によって、茶葉の光合成で生成される苦味(カテキン類)が抑えられ、旨味成分(アミノ酸)が増えて、より甘みとコクのある味わいとなります。

ごえん茶では、玉露の茶葉と、その茶葉をお手軽に楽しんでいただけるティーバックがございます。お家で気軽に楽しんでいただくにも、ギフトで大切な方へのプレゼントとしても、お喜びいただける内容でご用意しております。

 

カテキン(お茶の渋み成分)

●発がん作用抑制ーβカロテンやビタミンCも有効とされています。
●生活習慣病予防ー血中コレステロールや体脂肪の低下、血圧や血糖の 上昇を抑制し、かたよった食生活による様々な病の予防につながります。
●殺菌・抗菌作用ー風邪予防、虫歯・口臭予防。
*抗酸化作用や脱臭作用、抗インフルエンザ作用も注目されています。
 

カフェイン(お茶の苦み成分)

●覚醒作用ー記憶力や集中力のアップにつながります。
●新陳代謝・血液循環促進ー疲労回復や低血圧の予防につながります。 *ほうじ茶や番茶はカフェインが少なく、お子様やカフェインに弱い方でも安心してお飲み頂けます。 

テアニン(お茶の旨み成分)

●脳神経機能調整作用ーリラックス効果(α波が出ると言われています)。
●血圧上昇抑制作用
ビタミン類
●抗酸化作用、皮膚や粘膜の健康維持(ビタミンC、B2、E)
●動脈硬化等の予防(葉酸)
●発がん作用抑制、夜間の視力の維持(βカロテン)
*特に煎茶にはビタミンCが多く含まれています。
上記の他にもサポニン(血圧低下作用)やフッ素(虫歯予防)、カリウム・カルシウム・リン・ マンガンなど、身体のバランスを整えるミネラル類も豊富に含まれています。 水に溶けやすいビタミンCなどの栄養素も、お茶として飲めばまるごといただけます。 また、食物繊維をたっぷり含んだ茶葉も、大切な身体の健康維持にぜひご活用ください。
*「人間と健康とお茶」国際茶研究シンポジウムより *お茶に含まれる成分とその効能を記したもので、症状の改善や一定の効果を表したものではありません。