さいしょに

まず、水には塩素が含まれていることが多いので、やかんのふたをあけたまま約5分、沸騰状態にし、カルキ抜きをします。カルキぬき付のポットでも可。
 市販の水を使用する場合は硬度の低い軟水の天然水を選んでください。日本産の天然水は大半が軟水ですが、海外産の天然水は大半が硬水です。

茶碗にお茶を注ぐ時には、「AからBへ、次はBからAへと少しづつ注ぐ」を繰り返し、お茶の濃さが均等になるよう注ぎ分けます。
 最後の一滴まで注ぐのがポイントです。急須の中にお湯を残さないことにより、2煎目もおいしく召し上がることができます。

好みがありますので、渋めのお茶をお好みの方は、お湯の温度を高く、薄めのお茶をお好みの方は、お湯の温度を低くすると、風味が変わります。是非、お試しください。

まずは、ほどよい熱さのお湯をご用意

沸騰したお湯を、湯冷ましに注ぎ冷まします。(お湯は器を移す度に、約5~10℃下がります)
面倒な場合は、沸騰したお湯をそのまま急須に注いで、ちょっと涼しいところで冷まします。

ごえん茶ティーバックをひたひたと

急須の外から手で触っても、「アチチっ」とならないくらいがちょうど良い温度で準備OK。
ごえん茶ティーバックを急須に入れて、2〜3分お待ちください。

おいしくなるっちゃよ〜と言いながら・・

2〜3分経って、良いかんじのぎょくろ色が出てきたら、お湯呑み・ティーカップに注ぎます。
それでは、おいしくごえん茶をいただいてください。